Akismetを有効化してスパムコメントを防ぐ

ワードプレスブログでコメントを受け付けていると、結構スパムコメントが入ったりします。

一体どこから探してくるんでしょうね・・・まったく。。。って感じで、こんなブログ誰も見てねぇだろ・・・な、完全放置ブログでも時々スパムコメントが寄せられたりします。

ということで、今回はこのスパムコメントを防ぐ方法です。

これにはプラグインを使用するのですが、色々なプラグインが公開されています。

今回は、ワードプレスに最初からインストールされている「Akismet」というプラグインを使ってみることにします。

最初からインストールされているということは、ワードプレスいち押しのプラグインかな・・・ということで。。。

 

Akismetの有効化

ワードプレスのダッシュボード(管理画面)に入ります。

ak01

左側メニュー「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリックします。

インストール済みのプラグイン一覧が表示されます。

ak02

「Akismet」の下の「有効化」をクリックします。

画面が切り替わり、「プラグインを有効化しました。」と表示されます。

ak03

が、この時点ではまだ「Akismet」を利用することができません。

引き続き、「Akismet APIキー」を取得します。

 

Akismet API キーの取得

プラグイン一覧の「Akismet」の説明欄に「2) Sign up for an Akismet API key」と書かれているところをクリックします。

「Akismet」のサイトが表示されます。

ak05

「Get an Akismet API key」ボタンをクリックします。

API key signup 画面が表示されます。

ak06

個人のブログであれば、無料で使うことができます。

商用、商品やサービスのプロモーションなどの場合は、有料アカウントを選んでねって書いてあります。

ここでは、個人的なブログで無料で使うということで、進めていきます。

右側の「Personal」(0-120ドル/年)の「SIGN UP」をクリックします。

画面が切り替わります。

ak07

「Sign up with wordPress.com」ボタンをクリックします。

WordPress.comのsign up 画面が別ウィンドウで開きます。

ak08

「E-mail Address」にメールアドレスを入力します。

後ほど、このアドレスにAPIキーが書かれたメールが届きます。

「Username」は、自動的に入力されますが、気に入らなければ修正します。

「Password」には、アルファベットと数字や記号を組み合わせたものを入力します。

上記3か所の入力が完了しましたら、「Sign up →」ボタンをクリックします。

「Akismet」の画面に戻ります。

ak10

「First name」と「Last name」を入力します。

名前の入力欄の右にあるスライダーを一番左側にスライドさせます。

スライドさせるのは、スライダーボタンの上にカーソルをもっていき、クリックしたままで左右に動かします。

「$0.00/yr」になればOKです。

左側にスライドさせると、右側の顔の表情が曇ってきますが、気にせずに進みましょう。

ちなみに、一番右側にスライドさせるとニコニコになります。

名前の入力と金額設定が完了しましたら、「CONTINUE」ボタンをクリックします。

「All done!」と表示されれば完了です。

ak11

上側に緑色の文字でAkismet API キーが表示されています。

「back to my WordPress Account.」をクリックするとワードプレスのダッシュボードに戻ります。

 

また、この時点で先ほど登録したメールアドレスに、「WordPress.com」と「Akismet」からメールが届いているはずです。

「WordPress.com」からは「Activate ユーザー名」というタイトルのメールが届きますので開けてみます。

ak12

「Activate Account」をクリックしてWordPress.comのアカウントを有効化します。

WordPress.comのサイトが表示されます。

ak13

メールアドレスが確認された旨が表示されます。

この画面はこれで、特に何もする必要はありません。

次に「Akismet Support」から「Your Akismet API key」というタイトルのメールが届いていますので開けます。

ak14

「Your Akismet API key is : 」の右側にある英数字がAPIキーです。

この部分をドラッグして青く表示させ、Ctrlキーを押しながらCキーを押してコピーしておきます。

次はワードプレスのダッシュボードに戻り、APIキーを入力します。

 

Akismet API キーの入力

この時点でワードプレスのダッシュボードが表示されているはずです。

ak15

もし、上記の画面が表示されていなければ、左側メニュー「プラグイン」から「Akismet設定」をクリックします。

先ほどコピーしたAPIキーを「(これは何ですか?)」と書かれた左側の枠にペースト(貼り付け)します。

この枠内で一度クリックし、Ctrlキーを押しながらVキーを押すとペーストすることができます。

入力が完了しましたら、「設定を更新>>」をクリックします。

「キーを認証しました。それではブログをお楽しみください!」と表示されれば、認証完了です。

APIキー入力欄の下側にある2つの項目は、必要に応じてチェックをいれます。

 

この方法で、APIキーを取得する以外にも方法がありますので、メモしておきます。

こちらも無料で取得でき、複数のワードプレスで使用することができます。(今のところ。。。)

一般の商用利用もOKです。(WordPress.comについては。。。)

 

WordPress.comのAPIキーを取得する

ここでは、「Akismet」のサイトでAPIキーを取得せずに、「WordPress.com」のサイトでAPIキーを取得します。

ワードプレスのダッシュボードで「Akismet」を有効化しておきます。

次にWordPress.comのサイトにいきます。

ak16

「始めてみよう」をクリックします。

登録画面が表示されます。

ak17

ブログは必要ないので、右側に表示されている「ユーザー名のみ登録」をクリックします。

別の登録画面が表示されます。

ak18

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し、「登録→」ボタンをクリックします。

画面が切り替わります。

ak19

「メールをチェックして登録を完了して下さい」と表示されます。

「WordPress.com」から「ユーザー名を有効化」というタイトルでメールが届いているはずです。

ak20

「アカウントを有効化」をクリックします。

WordPress.comのダッシュボードが表示されます。

ak21

これでアカウントの登録は完了です。

この状態(WordPress.comにログインした状態)で、ブラウザのアドレスバーに

「http://apikey.wordpress.com」と入力してアクセス(Enterキーを押す)します。

ユーザー名とAPIキーが表示されます。

ak23

「your API key is “●●●●●●●●”.」と表示されている●●●●●●●●の部分がAPIキーです。

これをコピーしておきます。

WordPress.comのサイトからはログアウトしておきます。

あとは、自分のワードプレスのダッシュボードに戻り、左側メニュー「プラグイン」から「Akismet設定」をクリックして、先ほどコピーしておいたAPIキーをペーストして「設定を更新>>」をクリックします。

 

「WordPress.com」から「New WordPress.​com User: ユーザー名」というタイトルのメールが届いているはずですので、確認しておきましょう。

ak22

ここでは、特に何もすることは、ありません。

 

以上で「Akismet」の有効化は完了です。

ただ、これですべて防げるというわけではありませんし、時にはスパムではないコメントがスパム扱いされたりすることもあるようです。

ダッシュボードのトップ画面に「Akismet」の状況が表示されていますので、時々内容をチェックするのが良いと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP