ワードプレスで作ったブログをスマートフォンに対応させる一番簡単な方法

最近はスマートフォン(スマホ)の普及が進んで、ガラケー使ってる人の方が少ないんじゃないかと思ったりしてます。

アメブロやシーサーなどの無料ブログは、自動でスマホ対応になっているのですが、ワードプレスで作ったブログの場合、スマホで表示するとパソコンで見る画面と同じように表示されてしまいます。

そのままでは文字が小さくて読みづらいし、タップするのも困難、いちいち拡大して見るのも面倒だし、ユーザビリティを考えるとスマホに最適化したかたちで表示されるのが望ましいと思います。

そんな理由からか、最近では最初からスマホにも対応したデザイン(レスポンシブデザイン)のワードプレステンプレート(テーマ)が多くなりました。

このようなテンプレートを使えば、何もしなくてもスマホ対応のブログを作ることができます。

ちなみに、このブログで使用している「賢威6.0」テンプレートはレスポンシブデザインです。

が、すべてがレスポンシブデザインというわけではないので、今回はスマホ対応していないテンプレートを一番簡単にスマホ最適化させる方法です。

 

プラグイン「WPtouch」をインストールする

ということで、ワードプレスブログをスマホ対応させるには、プラグインを使うのが一番簡単な方法だと思います。

様々なプラグインが存在していますが、今回は「WPtouch」というプラグインを使ってみます。

 

まず、ワードプレスのダッシュボード(管理画面)にログインします。

wpt01

左側メニューの「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。

プラグインのインストール画面が表示されます。

wpt02

検索ウィンドウに「wptouch」と入力して右側の「プラグインの検索」をクリックします。

検索結果が表示されます。

wpt03

一番上に「WPtouch」が表示されているはずです。

もし、表示されていなければ下の方も確認してみましょう。

「WPtouch」の欄に表示されている「いますぐインストール」をクリックします。

「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」と念押しされるので、「OK」をクリックするとインストールが開始されます。

ドメインキングなどの一部のサーバーでは、ここで接続情報の入力を求められます。

wpt04

上記のような画面が表示されたら、「ホスト名」「FTPユーザー名」「FTPパスワード」を入力して「開始」をクリックします。

インストール画面が表示されます。

wpt05

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックします。

プラグインの一覧画面が表示されます。

wpt06

次に「WPtouch」の欄に表示されている「設定」をクリックします。

「WPtouch」の設定画面が表示されます。

wpt07

初期設定では設定画面が英語になっているので、日本語で表示されるようにします。

「WPtouch Language」のプルダウンメニューから「Japanese」を選びます。

画面を下までスクロールします。

wpt08

「Save Options」をクリックします。

画面が切り替わります。

wpt09

これで「WPtouch」の設定画面が日本語化されます。

あとはこの画面で様々な設定を行います。

下記はワードプレスのデフォルトテーマ「Twenty Tweleve」のテンプレートで何も設定していない場合の表示サンプル(シュミレータでの表示)です。

wpt10

これで、基本的なスマホ対応は完了です。

 

ガラケーにも対応させる場合の注意点

この「WPtouch」を使ってもガラケーには対応できません。

そこで、よく使われているのが「Ktai Style」というプラグインです。

インストール方法は、「WPtouch」と同じで、「プラグインの新規追加」から行います。

このプラグインを使えばガラケーにも対応することができます。

そしてこの「Ktai Style」ですが、ガラケーだけでなくスマホにも対応させることができます。

ですので、スマホを「WPtouch」ガラケーを「Ktai Style」で対応させる場合、「Ktai Style」ではスマホ対応しないように設定する必要があります。

「Ktai Style」設定画面の「テーマ」から「電話キャリア別テーマ」の「iPhone, Android用」で「Ktai Styleを使わない」に設定します。

もちろん、「WPtouch」を使わずに「Ktai Style」だけで、スマホとガラケー対応させてもOKです。

デザインの好みもあるかと思いますが、「WPtouch」の方が色々と細かく設定できるので、スマホは「WPtouch」を使うのがおすすめです。

 

と、こんなスマホ対応のこと言いながら、自分自身はガラケー愛用者ですがww

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP