コアサーバーにワードプレスを設置する

前回コアサーバーに追加したサブドメインにワードプレスを設置してみました。

以前は、コアサーバーにワードプレスを設置する場合、設定が結構面倒でした。
が、コアサーバーのPHPバージョンアップに伴い、あの面倒だったPHPのセーフモードが解除されました。
これで簡単にワードプレスが設置できるようになりましたね。

今回は、コアサーバーの自動インストール機能を使用せずに、手動でインストールする方法です。
インストールは、ドメイン直下に行います。
ドメイン直下にインストールすることで、ドメイン(URL)をブラウザに入力するとワードプレスのブログが表示されるようになります。
例:「http://exsample.com」と入力するとそのアドレスにブログが表示されます。

まずは、データベースの作成から始めます。

コアサーバーにデータベースを追加する

コアサーバーにログインします。

コアサーバー管理画面

CORESERVERアカウントの登録・管理・購入画面が表示されます。
ワードプレスを設置したいアカウントの「サーバー設定」をクリックします。

入室画面

メッセージが表示されるので、「入室」をクリックします。

管理メニュー

管理メニューが表示されるので、「データベース」をクリックします。

MySQLの追加画面

「MySQLの追加・編集」欄に各項目を入力します。

1行目に追加しても大丈夫なのですが、今回は2行目に追加しました。
一番左の「選択」項目にチェックをいれます。
「DB/ユーザー名」に任意の文字を半角英数字で入力します。
「パスワード」を入力します。
「文字コード」はドロップダウンメニューから「UNICODE」を選択します。
「メモ」は、何に使用しているかなど自分用のメモがあれば入力しておきます。

ここで設定した「DB/ユーザー名」と「パスワード」は後ほど必要になるので、忘れないようにメモしておきましょう。
入力が完了したら、「作成」をクリックします。

確認ウィンドウ

確認のウィンドウが表示されるので、「OK」をクリックします。

完了画面

完了のメッセージが表示されます。
これで、データベースの作成は完了です。
サーバーに反映されるまで数分かかるので、その間にワードプレス本体をダウンロードしましょう。

ワードプレスをダウンロードする

WordPress.orgのサイトを開きます。

wordpress.org

サイト右側にある「WordPress 4.0.1をダウンロード」ボタンをクリックします。
現在の最新バージョンは「4.0.1」ですが、アップデートによりこの数字は変わっている可能性があります。

ダウンロードボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。

開くウィンドウ

ファイルを開くか保存するかの確認ウィンドウが表示されます。
上記の画像はFireFoxの場合です。
「ファイルを保存する」にチェックをいれて「OK」をクリックします。

エクスプローラー

ダウンロードが完了したら、Windowsのエクスプローラーで「ダウンロード」フォルダーを表示させます。
FireFoxの場合、通常はダウンロードしたファイルは「ダウンロードフォルダー」に格納されます。
「wordpress-4.0.1-ja.zip」ファイルをドラッグアンドドロップでデスクトップに移動させておきましょう。
(ファイルを左クリックしたままデスクトップまで引っ張っていき、任意の場所で指を離します。)

Internet Explorerなどで保存先を指定できる場合は、デスクトップを指定おきましょう。

デスクトップ

デスクトップにファイルを移動させたら、「wordpress-4.0.1-ja.zip」をダブルクリックして解凍します。
通常はデスクトップに「wordpress」というフォルダが表示されます。
この「wordpress」フォルダの中にワードプレスの各ファイルが格納されています。

次はFTPソフトを使って「wordpress」フォルダの中身をサーバーにアップロードします。

コアサーバーにワードプレスファイルをアップロードする

FTPソフトでワードプレスを設置したいサーバーに接続します。

FTP1

上記の画像はFileZillaというFTPソフトです。
左側のウィンドウがローカル(PCのファイル)、右側のウィンドウがサーバーです。

PC側に「デスクトップ」を表示させると、先ほど解凍した「wordpress」フォルダが表示されます。
このフォルダをダブルクリックします。

サーバー側には、「public_html」フォルダ(ディレクトリ)が表示されているので、このフォルダをダブルクリックします。

FTP2

PC側に「wordpress」フォルダの中身、サーバー側に「public_html」の中身が表示されます。
この中からワードプレスを設置するドメインをダブルクリックして開きます。

FTP3

サーバー側のウィンドウは「空」になっているはずです。

PC側の「wp-admin」を一度クリックしてから、一番下に表示されている「xmlrpc.php」をShiftキーを押しながらクリックします。
すると上記の画像のようにすべてのファイルが青くなり、選択された状態になります。
この状態で青くなっているところで右クリックするとメニューが表示されるので、「アップロード」をクリックします。

アップロードが完了するまでしばらく待ちます。
ファイル数が多いので環境により時間がかかる場合があります。

FTP4

アップロードが完了するとサーバー側に各ファイルが表示されます。
ちなみに、PC側で「wordpress」フォルダを選んでアップロードすると、ブログのアドレスが、「http://exsample.com/wordpress/」のようになってしまいます。
「http://exsample.com/」にブログを表示させたい場合は、「wordpress」フォルダではなく、フォルダの中身をアップロードします。

これで、アップロードは完了です。
次は、ブラウザを使ってワードプレスを設定します。

ワードプレスの設定を行なう

ブラウザのアドレスバーに先ほどワードプレスを設置したドメイン(URL)を入力してページを表示させます。

WP設定画面1

上記のような画面が表示されれば、インストール成功です。
「さあ、始めましょう!」をクリックします。

WP設定画面2

「データベース名」と「ユーザー名」に先ほどコアサーバーのデータベース作成時に設定した「DB/ユーザー名」を入力します。(「データベース名」と「ユーザー名」は同じです。)
「パスワード」にも先ほどコアサーバーのデータベース作成時に設定したパスワードを入力します。
「データベースのホスト名」は「localhost」のままで大丈夫です。
「テーブル接頭辞」は通常の場合は、変更不要です。

入力が完了したら、「送信」をクリックします。

WP設定3

画面が切り替わるので、「インストール実行」をクリックします。

WP設定4

ようこその画面が表示されます。

「サイトのタイトル」にブログやサイトのタイトルを入力します。
「ユーザー名」に半角英数字などでユーザー名を入力します。このユーザー名はワードプレスにログインする際に必要になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

「パスワード」を入力します。ここで入力するパスワードは、ワードプレスにログインする際に入力するパスワードです。先ほどのデータベースのパスワードではありません。
空欄にしておくと自動的にパスワードの生成が行なわれます。
自分で設定する場合は、なるべく強くなるように「強度表示器」を見ながら行いましょう。
確認にために同じものを2回入力します。
パスワードは忘れないように注意しましょう。

「メールアドレス」に入力したアドレスには、コメントが入った場合のお知らせなどが届くので、通常使っているアドレスを入力しておきましょう。

「プライバシー」は、通常はチェックをいれたままにしておきます。
ブログやサイトを非公開にしたい場合は、チェックをはずしておきます。

入力が完了したら「WordPressをインストール」をクリックします。

WP設定5

「成功しました!」という画面が表示されるので、「ログイン」をクリックします。

WPログイン画面

ログイン画面が表示されます。
「ユーザー名」と「パスワード」に先ほど設定した文字を入力します。
入力が完了したら、「ログイン」をクリックします。

ダッシュボード

ダッシュボード(管理画面)が表示されます。

これでワードプレスの設置は完了です。
お疲れさまでした。

次回からワードプレスにログインする場合は、ブラウザのアドレスバーに「http://設置したドメイン/wp-login.php」と入力するとログイン画面が表示されます。
例:「http://exsample.com/wp-login.php」

コアサーバーにワードプレスを設置するのもずいぶん簡単になりました。
けど、相変わらずちょっと分かりにくいサーバーです~(汗)

One Response to “コアサーバーにワードプレスを設置する”

  1. 佐々木 より:

    「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL) 」
    ディフォルトは
    サーバーidがついた長いurlです

    「サイトアドレス (URL) を独自ドメインに変更すると
    ↓ 下記エラーです
    このウェブページにアクセスできません
    ERR_NAME_NOT_RESOLVED

    サポートからは
    .htaccessを削除
    「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL) 」を
    独自ドメインのurlに変更して下さい  こんな回答でした

    しかし
    サイトは表示されず
    「WordPress アドレス (URL)」を変更したために
    ダッシュボードへも入れません

    再度、
    DB削除からWP再インストールの悪循環が続いています

    今回の方法で解決できるのでしょうか?

    よろしくお願いします

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP