ドメインキングにワードプレスを設置する

今回は、ドメインキングというサーバーにワードプレスを設置する方法です。

以前「ドメインキングにサブドメインを追加する」という記事を書いたのですが、そこで追加したサブドメインにワードプレスをインストールしてみます。

「簡単インストール」機能を使えば簡単にインストールできますが、ワードプレスがバージョンアップしたときに自動アップデートできないことがあるようなので、手動でインストールします。

 

まず、ワードプレスを設置するサーバーでPHPを使えるようにします。

ドメインキングのマイアカウントページ(コントロールパネル)にログインします。

wpdk1

もし、ログインした時にこの画面が表示されない場合は、「DOMAIN KINGロゴ」の右側にある「システム」タブをクリックします。

「ドメイン」をクリックします。

ドメイン一覧画面が表示されます。

wpdk2

ドメイン一覧からサブドメインを設定したドメイン名をクリックします。

ドメインの管理画面が表示されます。

dkwp01-1

「サブドメイン」をクリックします。

サブドメインの一覧画面が表示されます。

dkwp01

ワードプレスを設置するサブドメイン名をクリックします。

サブドメインの設定画面が表示されます。

dkwp02

「PHP対応」にチェックを入れます。

実行は「Apacheモジュール」「FastCGIアプリケーション」「CGIアプリケーション」から選ぶことができますが、「Apacheモジュール」でOKです。

「CGIアプリケーション」を選ぶとサーバーに負荷がかかり、表示が遅くなったりすることがあるようです。

そのあたりを改善したのが「FastCGIアプリケーション」ということです。

「Apacheモジュール」に設定すると、レスポンスは速いのですが、パーマリンクの設定をした場合に.hraccessファイルを設置しないといけません。

この設定は、お好みでどうぞ。

設定できたら「OK」をクリックします。

wpdk3

上側パンくずナビの右はしにドメイン名が表示されていますのでクリックし、次にデータベースの作成にはいります。

 

ドメインキングでデータベースを作成する

dkwp03

「データベース」をクリックします。

データベース一覧画面が表示されます。

dkwp04

「新しいデータベースの追加」をクリックします。

データベース追加画面が表示されます。

dkwp05

デフォルトでデータベース名が入力されていますが、自分で管理しやすいものに変更します。

入力したら「OK」をクリックします。

画面が切り替わります。

dkwp06

「新しいデータベースユーザの追加」をクリックします。

データベースユーザの追加画面が表示されます。

dkwp07

「データベースユーザ名」と「パスワード」を入力します。

パスワードは、5文字以上で設定します。

入力が完了したら「OK」をクリックします。

dkwp08

これで、データベースの設定は完了です。

ここで設定した、「データベース名」「データベースユーザ名」「パスワード」は、ワードプレスをインストールする際に必要になりますので、忘れないようにメモしておきましょう。

サーバーでの設定はここまでなので、「サインアウト」しておきます。

次は、ワードプレス本体のダウンロードです。

 

ワードプレス本体のダウンロード

WordPress.org日本語からワードプレス本体をダウンロードします。

dkwp09

「WordPress 3.5.1 をダウンロード」ボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

画面下側にダウンロードのダイアログボックスが表示されます。(例はインターネットエクスプローラー10)

dkwp10

「保存」の右側にある「▼」をクリックすると、メニューが表示されます。

「名前を付けて保存」をクリックします。

今回は、デスクトップに保存します。(例はWindows7)

エクスプローラーが表示されます。

dkwp11

保存先に「デスクトップ」を選び「保存」をクリックします。

ダウンロードはすぐに完了します。(通信速度と通信状態にもよりますが・・・)

dkwp12

ダウンロードが完了したら、右端にある「×」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

ブラウザも閉じて大丈夫です。

wp07

デスクトップに保存した「wordpress-3.5.1-ja」というzipファイルを、解凍ソフトを使うかダブルクリックして解凍します。

解凍先をデスクトップにしておくと「wordpress」というフォルダが表示されます。

wp08

次にこのファイルをサーバーにFTPソフトを使ってアップロードします。

 

ワードプレスのアップロード

今回は、ドメイン直下に「wordpress」フォルダを作り、そこにワードプレスを設置します。

URLで表示すると例えば、http://subdomain.example.com/wordpressになります。

使用しているFTPソフトはFilezillaです。

まず、Filezillaを立ち上げ、サーバーにつなぎます。

dkwp13

左側ペイン(パソコン側)にデスクトップ、右側ペイン(サーバー側)にワードプレスをインストールするディレクトリを表示します。

今回はドメインキングのサブドメインにインストールするので、サーバーに接続したら「subdomains」-「サブドメイン名」-「httpdocs」をダブルクリックして開いていきます。

初期状態で「httpdocs」の中にいくつかのファイルが作成されていますので、まずそれらのファイルを削除します。

一番上のファイルをクリックし、最後のファイルまでスクロールします。

Shiftキーを押しながら最後のファイルをクリックすると、すべてのファイルが選択された状態(青くなります)になります。

この状態で右クリックするとメニューが表示されます。

dkwp15

「削除」をクリックします。

確認ウィンドウが表示されます。

dkwp14

妙なメッセージが表示されますが、「はい」をクリックします。

これで削除完了です。

dkwp16

左側ペインに表示されている「wordpress」を右クリックして表示されるメニューから「アップロード」をクリックします。

アップロードが開始されますので、しばらく待ちます。

dkwp17

アップロードが完了すると右側ペイン「httpdocs」に「wordpress」フォルダが作成されています。

この「wordpress」フォルダのパーミッションを一時的に変更します。

dkwp18

右側ペインの「wordpress」フォルダを右クリックし、メニューの「ファイルのパーミッション」をクリックします。

dkwp19

「数値」を「777」に変更し、「OK」をクリックします。

次に「wordpress」フォルダをダブルクリックし、中身を表示させます。

dkwp20

「wp-content」フォルダのパーミッションを「707」に変更します。

次に「wp-content」フォルダの中身を表示します。

dkwp21

「languages」「plugins」「themes」のフォルダがあるので、そのフォルダもパーミッションを変更します。

3つまとめて選択し、右クリックメニューから「ファイルのパーミッション」をクリックします。

dkwp22

「数値」を「707」に変更し、「OK」をクリックします。

これで一旦FTPソフトでの作業は終了です。

引き続き、ワードプレスのインストール作業に入ります。

 

ワードプレスのインストール

インターネットエクスプローラーなどのブラウザでワードプレスを設置したURLにアクセスします。

今回の例では、http://subdomain.example.com/wordpressとブラウザのアドレスバーに入力して、エンターを押します。

dkwp23

上記の画面が表示されるはずです。

もし、表示されない場合は、ファイルのパーミッションなどを確認してみましょう。

「設定ファイルを作成する」をクリックします。

dkwp24

「さあ、始めましょう!」をクリックします。

dkwp25

先ほどドメインキングのサーバーで作成したデータベースの情報を入力します。

データベース名には「データベース名」、ユーザー名には、「データベースユーザ名」、パスワードには「データベースユーザ名を設定した時のパスワード」を入力します。

データベースのホスト名は、最初から入力されている「localhost」のままで大丈夫です。

ここまで入力したら、「送信」をクリックします。

dkwp26

上記の画面が表示されたら、先ほどFTPソフトで変更した「wordpress」フォルダのパーミッションを元に戻します。

FTPソフトを立ち上げ、サーバーにつなぎます。

dkwp100

「subdomains」-「サブドメイン名」-「httpdocs」の中の「wordpress」フォルダのパーミッションを「755」に変更します。

「数値」を「755」に変更して「OK」をクリックします。

パーミッションの変更が完了したら、FTPソフトを終了してブラウザに戻り、「インストール実行」をクリックします。

dkwp28

「サイトのタイトル」を入力します。

この設定は、後で変更することができます。

「ユーザー名」は、最初「admin」と入力されていますが、必ず変更しましょう。

「パスワード」を入力します。

強度インジケータが「強力」になるように、英数字、記号を組み合わせて設定します。

このパスワードとユーザー名は、ワードプレスにログインする際に必要になりますので、忘れないようにしましょう。

「メールアドレス」を入力します。

このアドレスにコメントがあった際のお知らせなどが届きます。

「プライバシー」は、検索エンジンにこのサイトの存在を知らせたくない場合(例えば、サイトが完成してから公開する場合など)は、チェックをはずしておきます。

入力が完了したら、「WordPressをインストール」をクリックします。

dkwp29

「成功しました!」と表示されれば、インストール完了です。

「ログイン」をクリックします。

dkwp30

先ほどワードプレスのインストール時に設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

dkwp31

ダッシュボード(管理画面)が表示されます。

上部に「WordPressへようこそ!」が表示されていますが、必要ない場合は、右上の「非表示にする」をクリックするとこの部分が隠れます。

再度表示したい場合は、「表示オプション」から表示させることができます。

以上でワードプレスの設置は完了です。

お疲れさまでした。

 

ドメインキングは格安サーバーの割りには結構使えるサーバーだと思います。

ただ、プラグインの削除や追加には、その都度FTP情報を入力しないといけないので、面倒といえば面倒ですが。。。

それと、まぁめったにないとは思いますが、以前ドメインキングで取得したドメイン、1年以上たっても検索エンジンにインデックスされませんでした・・・

ドメインキングのサーバーで運営していたのですが、そんなに無茶なこともしてなかったし、ドメイン自体がブラックリストに載っているわけでもなかったので、理由は不明です。

同じサーバーの住人に何かしてた人がいたのかもしれません。

もう、そのドメインは捨てちゃいましたが。

でも、他にもっているドメインキングのドメイン、サーバーは問題なくインデックスされていますので。。。

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP