WordPress(ワードプレス)をさくらサーバーに設置する

先日、友人から「ワードプレスを使おうと思ったら、パソコンにワードプレスをインストールすればいいの???」と質問されました。

「パソコンにインストールするんじゃなくて、サーバーにインストールする、サーバーにワードプレス本体を設置するってことです」と答えたのですが。。。

確かに、私もワードプレスを初めて使ったときには、そう思いました。

ということで、今回はさくらサーバーにWordPress(ワードプレス)を設置する方法です。

さくらのレンタルサーバにワードプレスを設置できるのは、スタンダードプラン以上です。

ライトプランでは、設置できません。

では、まずさくらサーバーのデータベース設定から行っていきます。

データベースの設定

さくらサーバーの「サーバコントロールパネル」にログインします。

wp01

左側メニューの「アプリケーションの設定」から「データベースの設定」をクリックします。

データベースの設定画面が表示されます。

wp02

「データベースの新規作成」をクリックします。

データベースの新規作成

「データベース名」を半角英数字で入力します。

分かりやすい名前を設定しましょう。

「接続用パスワード」を半角英数字で2回入力します。

「データベース文字コード」は、「UTF-8」に設定します。

入力が完了しましたら、「データベースを作成する」をクリックします。

データデース一覧

データベース一覧が表示され、新しく作ったデータベースが追加されます。

これで、データベースの設定は完了です。

「データベースサーバ」と「データベースユーザ名」、「接続パスワード」、「データベース名」が後ほど必要になりますので、メモしておきます。

データベース名は、「example_sample」のようになります。

ベータベースがすでに存在していて、新たにデータベースを追加した場合、接続パスワードは、最初にデータベースを作成した際に設定したパスワードになります。

次は、さくらサーバーからログアウトして、ワードプレスのダウンロードを行います。

WordPress(ワードプレス)のダウンロード

WordPress.orgの日本語サイトからワードプレス本体をダウンロードします。

wordpress

右側にある「WordPress 4.1 をダウンロード」ボタンをクリックします。

※ダウンロード時点でバージョンが変わっている場合は、4.1の数字が変わっているかもしれません。

画面下側にダウンロードのダイアログボックスが表示されます。

(環境はWindows7、Internet Exploere11です)

ダイアログ

「保存」ボタン右側の▼ボタンをクリックして「名前をつけて保存」をクリックします。

ここで、「保存」ボタンをクリックすると、多くの場合はパソコンの「ダウンロード」というフォルダに保存されます。

新しくウィンドウが表示されますので、分かりやすい場所に保存しましょう。

エクスプローラー

今回はデスクトップに保存します。

保存場所をデスクトップに指定して「保存」をクリックします。

デスクトップ

デスクトップに「wordpress-4.1-ja.zip」または「wordpress-4.1-ja」というzipファイルが出現しますので、Lhaplusなどの解凍ソフトで解凍します。

Windows7の場合は、このzipファイルをダブルクリックすれば解凍することができます。

wp08

「wordpress」というフォルダが出現します。

次は、このフォルダをさくらサーバーにアップロードします。

ファイルのアップロード

ここでは、FTPソフトを使ったアップロード方法を解説します。

今回は、トップドメイン(例:example.com)にワードプレスを設置します。

使用しているFTPソフトは「FileZilla」というフリーソフトです。

FileZillaを起動します。

FileZilla

右側ペイン(サーバー側)でワードプレスを設置するフォルダを開きます。

「www」フォルダをダブルクリックすると、その中身が表示されます。

その中のワードプレスを設置するフォルダをダブルクリックして開いておきます。

左側ペイン(パソコン側)で先ほど解凍した「wordpress」フォルダを開きます。

「wordpress」フォルダの中身が表示されますので、まず一番上のファイル(wp-adminファイル)をクリックします。

次に一番下のファイル(xmlrpc.phpファイル)までスクロールします。

「Shiftキー」を押しながら一番下のファイル(xmlrpc.phpファイル)をクリックします。

これで、すべてのファイルが青くなって、選択された状態になります。

その状態で、右クリックするとメニューが表示されますので、「アップロード」をクリックします。

アップロードが始まりますので、完了するまでしばらく待ちます。

通信速度にもよりますが、2~3分でアップロードが完了します。

FileZilla2

アップロードが完了すると、右側ペイン(サーバー側)に先ほどの「wordpress」フォルダの中身が表示されます。

これでワードプレス本体の設置は完了です。

次はワードプレスのインストール作業にはいります。

FTPソフトは使わないので、終了しておきます。

WordPress(ワードプレス)のインストール

Internet Exploereなどのブラウザのアドレスバーに先ほどワードプレスを設置したURLを入力してアクセスします。

ワードプレス設定1

上のような画面が表示されるはずです。

もしも表示されない場合は、ブラウザに入力したURLとワードプレスを設置した場所が違っている、データベースの文字コードが「UTF-8」になっていない、一部のファイルがアップロードに失敗しているなどの原因が考えられます。

もう一度設定を確認してみましょう。

上の画面が表示されていれば、「さあ、始めましょう!」をクリックします。

ワードプレス設定2

「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「データベースのホスト名」を入力します。

「データベース名」は先ほどさくらサーバーのサーバコントロールパネルで作成したデータベース名です。

例:example_sample ←よこ棒はハイフンではなく、下棒です。

「ユーザー名」には、さくらサーバーで設定しているデータベースユーザ名を入力します。

「パスワード」は、さくらサーバーで設定しているデータベースの接続パスワードを入力します。

「データベースのホスト名」には、「localhost」と入力されていますが、さくらサーバーで設定される「データベースサーバ」のホスト名に変更します。

これらの情報は、さくらサーバーのサーバコントロールパネルにログインして、左側にある「データベースの設定」をクリックすると確認することができます。

ただし、接続用のパスワードは「*****」で表示されますので、忘れないようにしましょう。

入力が完了しましたら、「送信」をクリックします。

ワードプレス設定3

「インストール実行」をクリックします。

ワードプレス設定4

「サイトのタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力します。

「ユーザー名」は、以前「admin」ユーザーを狙った攻撃が多発していたことがあるので、「admin」以外のユーザー名を設定するようにしましょう。

「パスワード」は、アルファベット、記号、数字などを組み合わせて、インジケータが「強力」になるように設定します。

ワードプレスにログインする際に、ユーザー名とパスワードが必要になりますので、忘れないように注意しましょう。

メールアドレスには、普段使っているメールアドレスを入力します。

ここで設定したアドレスに、コメントがあった際のお知らせなどが届きます。

このブログを検索エンジンに公開したくない場合は、「プライバシー」のチェックをはずします。

入力が完了したら、「WordPressをインストール」をクリックします。

ワードプレス設定5

ここまでくれば、インストール完了です。お疲れさまでした。

早速「ログイン」をクリックしてみましょう。

ワードプレスのログイン画面が表示されます。

ログイン画面

ここで表示されるアドレスが、ワードプレスのログイン画面のアドレスです。

次回からワードプレスにログインする際は、このアドレスからログインすることになりますので、このアドレスをお気に入りに登録しておくと便利です。

先ほど設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。

ワードプレスのダッシュボード(管理画面)が表示されます。

ダッシュボード

左上のホームマークにカーソルをもっていくと、「サイトを表示」と表示されますので、クリックするとブログが表示されます。

ワードプレスブログ

サンプル記事が表示されます。

ブラウザの「戻る」ボタンをクリックすると、ダッシュボードに戻ります。

 

お疲れさまでした。無事にブログの表示はされましたか?

初めてサーバーを使うとかワードプレスを使う場合、結構不安なこともあると思います。

でも、実際にやってみると案外簡単だったりもします。

とにかく、思い切ってやってみましょう!

更新:2015年2月18日

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP