エックスサーバーにワードプレスを設置する

エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法です。

このサーバーにも様々なプログラムを自動でインストールできる「自動インストール」機能がついています。

もちろんワードプレスもその中に含まれています。

自動インストール機能を使えば、データベースの設定なども自動で行われるので、非常に簡単です。

が、しかし・・・

インストールされるプログラムが最新版でなかったり、インストール後の自動アップデートができないかもしれない・・・などちょっと不便なところもあります。

これは、エックスサーバーに限らず、どのサーバーでもそうなのですが。

ということで、FTPソフトを使って手動でインストールします。

大まかな流れは、以前このブログで書いた、さくらサーバードメインキングにインストール場合と同じです。

まず、準備としてワードプレス本体をダウンロードしてデスクトップに解凍しておきます。

⇒ WordPress日本語公式サイト

ダウンロード、解凍の方法は先ほどの記事をご参照ください。

 

エックスサーバーのデータベース設定

エックスサーバーへログインします。

インフォパネルが表示されます。

xser01

「サーバーパネル」の「ログイン」をクリックします。

エックスサーバーのログイン画面で「サーバーパネル」を選んでおくと、「サーバーパネル」に直接ログインすることができます。

xser02

「MySQL5設定」をクリックします。

(マルチドメインで運用している場合でもMySQL(データベース)の設定は、「設定対象ドメイン」の影響を受けないのでそのまま設定して問題ありません。)

MySQL5設定画面が表示されます。

xser03

「MySQLの追加」をクリックします。

画面が切り替わります。

xser04

「MySQLデータベース名」に設定したいデータベース名を入力します。

データベース名は「サーバーID_データベース名」になります。

サーバーIDは自動で設定されているので、入力するのは、データベース名の部分だけです。

「文字コード」は「UTF-8」を選びます。

入力が完了したら「MySQLの追加(確認)」をクリックします。

確認画面が表示されます。

xser05

間違いがなければ「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックします。

これで、データベースの追加が完了しました。

xser06

引き続きMySQLのユーザ設定を行います。

「MySQLユーザの追加」をクリックします。

ユーザ追加画面が表示されます。

xser07

「MySQLユーザID」に設定したいユーザ名を入力します。

MySQLユーザIDは、「サーバーID_ユーザ名」になります。

データベース名と同じように、サーバーIDは自動で設定されているので、ユーザ名の部分だけを入力します。

「ホスト名」は自動で入力されます。

「パスワード」を入力します。

入力が完了したら「MySQLユーザの追加(確認)」をクリックします。

確認画面が表示されます。

xser08

間違いがなければ「MySQLユーザの追加(確定)」をクリックします。

これで、MySQLユーザの追加は完了です。

xser09

次にデータベースとユーザの紐付けを行います。

「MySQLの一覧」をクリックします。

データベースの一覧が表示されます。

xser10

先ほど追加したデータベースに、追加したユーザのアクセス権を追加します。

新しく追加したデータベースは「ユーザはいません」と表示されているので、その右側(アクセス権未所有ユーザ)で先ほど追加したユーザ名を選び「追加」をクリックします。

これでデータベースの設定は完了です。

xser11

確認のため「MySQLの一覧」をクリックします。

データベースの一覧画面が表示されます。

xser12

データベースとユーザが追加されています。

後ほど必要になるので、先ほど設定した「データベース名(サーバーID_データベース名)」「MySQLユーザ名(サーバーID_ユーザ名」「パスワード」「MySQL5ホスト名」をメモしておきましょう。

エックスサーバーでの設定は以上なので、「ログアウト」しておきます。

次はワードプレスファイルのアップロードです。

 

エックスサーバーにワードプレスファイルをアップロードする

今回はドメイン直下(例:http://example.comにアクセスするとブログのトップ画面が表示される)にワードプレスを設置します。

FTPソフト(例はFilezilla)を立ち上げ、ワードプレスをインストールするサーバーに接続します。

xser13

パソコン側(左ウィンドウ)に、解凍したワードプレスフォルダの中身を表示します。

サーバー側(右ウィンドウ)は、ワードプレスをインストールするドメイン名の「public_html」(例:example.com/public_html/)の中身を表示します。

エックスサーバーの場合、ドメインを設定した時点でサーバーが自動的に「index.html」ファイルを生成します。

サーバー側ウィンドウに「index.html」ファイルが表示されている場合は、必ず削除しておきます。

ファイルの削除は、削除したいファイルを右クリックしてメニューから「削除」をクリックします。

その他、「default_page.png」ファイルなどが表示されている場合は、削除しておきましょう。

ただし、「.htaccess」ファイルは削除せずに残しておきます。

ファイルの削除が完了したら、パソコン側に表示されているファイル(ワードプレスの中身)をすべて選択して、右クリックします。

メニューが表示されるので「アップロード」をクリックします。

アップロードが始まるので、しばらく待ちます。

xser14

アップロードが完了したら、FTPソフトでの作業は終了です。

エックスサーバーの場合、アップロード後のファイルのパーミッション変更は必要ありません。

FTPソフトを終了しておきます。

次はブラウザでの作業です。

 

エックスサーバーにワードプレスをインストールする

Internet Explorerなどのブラウザのアドレスバーに、ワードプレスを設置したURL(アドレス)を入力しアクセス(Enterキーを押す)します。(例:http://example.com)

xser15

「設定ファイルを作成する」をクリックします。

xser16

「さあ、始めましょう!」をクリックします。

xser17

「データベース名」には、先ほど設定したデータベース名「サーバーID_データベース名」を入力します。

「ユーザー名」には、MySQLユーザID「サーバーID_ユーザ名」を入力します。

「パスワード」には、先ほどデータベースの設定時に設定したパスワードを入力します。

「データベースのホスト名」には、「MySQL5ホスト名」を入力します。

すべての入力が完了したら「送信」をクリックします。

xser18

「インストール実行」をクリックします。

xser19

「サイトのタイトル」を入力します。

「ユーザー名」は、最初「admin」と入力されていますが、必ず変更します。

「パスワード」は、強度インジケータが「強力」になるように設定します。

「メールアドレス」を入力します。

ここで登録したアドレスにコメントのお知らせなどが通知されます。

入力が完了したら「WordPressをインストール」をクリックします。

xser20

「成功しました!」と表示されたらインストール完了です。

「ログイン」をクリックしてログインしてみましょう。

ログイン画面で入力する「ユーザー名」「パスワード」は先ほどワードプレスのインストール時に設定したものです。

ログイン毎に必要になるので、忘れないようにしましょう。

xser21

ワードプレスのダッシュボード(管理画面)が表示されます。

「WordPressへようこそ!」が必要なければ右上の「非表示にする」をクリックします。

これで、ワードプレスのインストールは完了です。

お疲れさまでした!

 

ということで、今回初めてエックスサーバーを使ってみたのですが、ワードプレスインストール後のファイルパーミッションの変更も必要ありませんし、パーマリンク設定時の.htaccessファイルの手動アップロードも必要ありません。

画像やプラグインのアップロードもそのまま問題なくできますので、今まで使ったことのあるサーバーの中では、一番簡単かもしれません。

ま、そんなに色々なサーバーを使ってきたわけではありませんが・・・

初めてのワードプレスには、おすすめかもしれません。。。

2 Responses to “エックスサーバーにワードプレスを設置する”

  1. yamayoshi より:

    はじめまして!山吉と申します。
    ちょっと教えて下さい。
    XサーバーでワードプレスをインストールしましたがFFFTPも設定が完了しました。
    次に投稿記事の作成なんですがダッシュボードにログインするにはどうすればよいですか?
    初心者です、助けてください。
    宜しくお願い致します。

  2. やまねぇ より:

    山吉様、はじめまして。
    ご質問ありがとうございます。

    ダッシュボードへのログインですが、ワードプレスを設置したURL(アドレス)の後ろに「/wp-login.php」と入力すると、ログイン画面が表示されます。

    例えば、example.comにワードプレス本体を設置したのであれば、http://example.com/wp-login.phpのアドレスでログイン画面が表示されます。

    もし本体を、example.com/wordpressに設置したのであれば、http://example.com/wordpress/wp-login.phpになります。

    設定したユーザー名とパスワードでログインしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP