Ping送信先を見直してみた

久しぶりにPing送信先を見直してみました。

そもそもPing送信って何…?ってことなのですが、ブログに新しい記事を投稿したときに「今、私のブログを更新しましたよ~」と、検索エンジンやブログポータルサイトにお知らせする機能のことです。
ちょっと前までは、ブログを作ったらPing送信先をひとつでも多く登録しておくことが必須!、SEOにも効果があるしアクセスアップにも繋がります!なんて言われてました。

が、ここ最近では、Pingサーバー(Ping送信を受け付けていたブログポータルサイトなどのサービス)自体が閉鎖されていたり、YahooやGoogleから「ブログ検索」(ブログに絞り込んで検索する機能)自体がなくなってしまっていたり…
ということで、以前のような効果はないのかもしれません。

とはいえ、何もしないよりは「マシ」だと思うので、Ping送信の設定は現在でも続けています。

Ping送信のメリットとデメリット

Ping送信を行なうことにより、どのようなメリットがあるのかというと、、

Pingサーバーには、検索エンジンのクローラーが頻繁に回ってくる

そこに自分の新着記事が掲載されていると、そのリンクを辿って自分のブログにもクローラーが回ってくる

検索エンジンへのインデックスが早くなる

という効果が見込める。

また、ブログポータルサイトの新着情報に掲載されることにより、そこからのアクセスが見込める。

このようなことがあげられます。

デメリットとしては、

Ping送信先を多く登録しすぎるとサーバーに負荷がかかってしまう。
その結果、タイムアウトしてしまい送信されずに終わってしまう。

重複登録などで短時間に何度も同じところに送信すると、Pingスパムと見なされて受信拒否されてしまう。

ということなどがあげられます。

最初にも書きましたが、Pingサーバー自体が閉鎖されているところも多々あり、それを知らずにPingを送り続けても「ムダ」になってしまいます。
そんなことも少し気になったので、今回Ping送信先について見直してみることにしました。

WordPressのPing送信先設定方法

ワードプレスには、このPingを自動で送信する機能がついています。

設定を行なうには、管理画面左サイドバーの「設定」から「投稿設定」をクリックします。

Ping設定1

投稿設定画面の下の方に「更新情報サービス」という欄がありますので、ここにPing送信先を入力します。
複数ある場合は、ひとつのURL毎に改行して入力します。

Ping設定2

入力が終わったら「変更を保存」をクリックします。

ちなみに、この設定は「設定」項目の「表示設定」で「検索エンジンでの表示」欄、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックが入っていると設定することができません。
もし、「更新情報サービス」の入力欄が表示されていない場合は、ここにチェックが入っていないか確認してみましょう。

Ping設定3

今までのPing送信先

ということで、今まで自分がどのようなところにPingを送信していたのかというと、、

http://rpc.pingomatic.com/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://ping.fc2.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.blogpeople.net/ping/

上記のような感じで設定していました。

自分なりに最低限で有効なところに絞った結果、このようになりました。
が、、、今回見直してみたところ、色々と判明したことがあります。

Ping送信先を見直した結果

1番目の「Ping-o-matic」
これは、ワードプレスのデフォルトで設定される送信先です。
ここに送信すれば、海外の複数のPingサーバーに送信してくれます。
実際のところ、ここから送信されるPingサーバーにもサービスが終了しているところもあるようですが、、
とりあえずここは保留しておくことにしました。

2番目の「Google」
ブログ検索(ブログに絞り込んだ検索)自体がなくなっているようです。
Googleのサービス一覧には「ブログ検索」というものが記載されています。
https://www.google.co.jp/intl/ja/about/products/
上記のページから「ブログ検索」にアクセスすると、通常の「WEB検索」のページが表示されます。
実際にそこで検索してみても、検索結果は通常の「WEB検索」と同じでした。
となると、ここにPing送信しても意味ないのか…とも思いますが、Ping送信は受け付けているかもしれないので、今回は保留ということに。

3番目の「Yahoo」
ここは、「ブログ検索」サービスが終了していますので、今回ははずすことにしました。
http://blog-search.yahoo.co.jp/

4番目の「goo」
gooブログ検索は、ワードプレスブログをはじいている、、、とのウワサ。
実際に検索してみると、確かにワードプレスブログは表示されていませんでした。
というわけで、今回ははずすことに。

5番目の「FC2」
ここは、新着情報に表示されるのは、FC2ブログのみ、検索結果もFC2ブログのみ。
なので、ここもはずすことに。

6番目の「Drecom」
ここはサービス終了していました。
http://ping.rss.drecom.jp/
上記ページにアクセスすると、「このPingサーバーは存在していません」と書いてありました。

7番目の「Weblogs.com」
ここは、「Ping-o-matic」から送信されるので、削除しました。

8番目の「BlogPeople」
ここは、生きているようです。
ただ、使い方をみてみると会員登録をして、リンクリストを作成、そのリンクリストをブログに表示させる、と書いてあるので、もしかしたら、それを行なわないとPing送信が反映されないのかもしれません。
もしかしたら、人気ブログランキングやにほんブログ村の仕組みと同じかも…
機会があれば検証してみようかと思いますが、とりあえず今回は残しておきます。

ということで、更に絞った結果、

http://rpc.pingomatic.com/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://www.blogpeople.net/ping/

これだけになってしまいました。

もうなんだか、こうなってくるとウェブマスターツールに登録して、Ping送信先は「Ping-o-matic」のひとつだけでいいような気がしてきました。。。
でも、人気ブログランキングなどに参加している場合は、専用URLを必ず設定しておきましょうね。

One Response to “Ping送信先を見直してみた”

  1. […] 「Ping送信先を見直してみた | ブログ改善プロジェクト」という記事で同じような感想が書かれていて、Ping送信の内容も丹念に調べて見直しされています。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP