ワードプレスのパーマリンク設定

ワードプレスを設置したら出来るだけ早くパーマリンクの設定をするのがよいと思います。

パーマリンクとは、簡単に言えば「その記事のURL」って感じでしょうか。

もちろん何も設定しなくても、その記事のURLは自動的に生成されます。

ワードプレスの場合、記事を投稿すると「http://example.com/?p=123」のように表示されます。

 

これでも問題ないのですが、Google検索エンジン最適化スターターガイドには、下記のように書かれています。

 

URLに不可解なパラメータがたくさん含まれていると、ユーザーはURLの一部が不要だと誤解してしまうかもしれません。その結果、URLの一部が削られ、リンクが適切に張られなくなる恐れがあります。
ユーザーの中にはURLの文字列をそのままリンクのアンカーテキストとして利用する人もいます。URLがページの内容と関連する単語を含んでいれば、IDや不可解なパラメータで構成されたURLに比べて、ユーザーと検索エンジンの両方にページについての情報をより多く伝えられます

 

ということは、Google先生的にも、URLにはなるべくパラメータを含ませない方がよいということですね。

ちなみに、パラメータとは、URLの「?p=123」の部分です。

ということで、今回はURLにパラメータを含ませないようにするパーマリンクの設定方法です。

 

ワードプレスのダッシュボードからパーマリンクを設定する

plink01

ダッシュボード左側のメニュー「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします。

パーマリンクの設定画面が表示されます。

plink02

デフォルトでは「?p=123」のようになっていますので、設定したいURL構造にチェックをいれます。

ここで悩んでしまうのが、どの構造にすればよいのかということです。

はっきり言って、どれでもよいと思います。

私の場合、「数字ベース」か「カスタム構造」にしています。

設定したいURL構造にチェックをいれたら、「変更を保存」をクリックします。

 

パーマリンクの「数字ベース」

「数字ベース」は、内容的に何が書かれているのかURLから判断できないので、あまり推奨されていないようですが、パラメータを含むよりはましかなと思います。

この場合、URLは「http://example.com/archives/123」のようになります。

「123」の部分は、自動的に割り振られます。

自動で設定されるので、お手軽な設定だと思います。

ただ、URLの中の「archives」がなんだかな・・・と思うのであれば、「カスタム構造」にするのがよいと思います。

 

パーマリンクの「カスタム構造」

「http://example.com/カテゴリ名/123」のように表示する場合には、カスタム構造で「/%category%/%post_id%」と指定します。

このブログでは「/%category%/%postname%/」と指定しています。

カスタム構造で使えるタグは他にもあり、WordPress CodexのUsing Permalinksで紹介されています。(日本語ページもありますが、タグの解説がありません。)

カスタム構造で使用できるタグは下記のとおりです。

%year% 投稿年

%monthnum% 投稿月

%day% 投稿日

%hour% 投稿した時刻の時

%minute% 投稿した時刻の分

%second% 投稿した時刻の秒

%post_id% ポストID(自動で割り振られる数字)

%postname% 投稿名(記事のタイトル)

%category% カテゴリ名

%author% 投稿者名

これらを組み合わせて指定することができます。

タグとタグの間には「/(スラッシュ)」をいれます。

ただ、ここで注意しないといけないのは、「postname」「category」を使ったときの日本語表示です。

 

パーマリンクの日本語表示

パーマリンクのカスタム構造で「postname」「category」を使うとURLに日本語が含まれてしまうことがあります。

plink03

カスタム構造で「postname」を使うと、上記のようにURLに日本語が含まれます。

これをブラウザのアドレスバーで表示すると、

http://kaizensite.info/wordpress/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e8%a8%ad%e5%ae%9a/

のようになります。

これではURLが長くなりすぎて、リンクした時などに不具合がおこる可能性があります。

これを回避するためには、日本語の部分を編集します。

上記画像のパーマリンクの右側にある「編集」をクリックします。

plink04

日本語になっている部分が編集できるようになります。

plink05

半角英数小文字でタイトルに関連するワード(スラッグ)を入力します。

複数のワードを使う場合は、「-(ハイフン)」で区切ります。

入力したら、「OK」をクリックします。

plink06

これで設定は完了です。

記事ごとに設定が必要なので、新規投稿した場合は忘れずに設定しましょう。

もし、すでに設定されているスラッグを設定した場合は、最後に自動的に数字が割り振られますので、URLがだぶることはありません。

 

しかし、URLに日本語が含まれることについてはデメリットばかりでは、ありません。

Googleの検索結果に表示されるURLは、日本語で表示されたりします。

検索結果を見たユーザーには分かりやすいかもしれません。

 

カテゴリやタグのスラッグ設定

カテゴリを日本語で追加した場合もそのままでは、URLに日本語が含まれてしまいます。

これを回避するには、カテゴリやタグのスラッグを設定します。

ダッシュボード左側のメニュー「投稿」から「カテゴリー」「タグ」をクリックすると、編集することができます。

plink07

「スラッグ」に日本語が設定されています。

これを半角英数小文字に直します。

plink08

入力が完了したら「更新」をクリックします。

 

これでパーマリンクの設定は完了です。

ところで、なぜ早めにパーマリンクの設定をしておくのか。。。

記事数が増えた状態でパーマリンクを変更すると、URLがすべて変わってしまいます。

様々なところからリンクされていることもあります。

この場合、ワードプレスが自動的にリダイレクトしてくれるので問題はないようですが、リダイレクトされないこともあるようです。

やはりワードプレスを設置したらなるべく早めに設定しておくのがよいでしょう。

また、記事数が増えてからのパーマリンク変更は、慎重におこなった方がよさそうです。

Facebookのいいねの数やTwitterでツイートされた数などが、トップページを除いてリセットされてしまいます。

試しにパーマリンクを一旦変更してみたら、見事リセットされました(泣)

 

最後に、サーバーによってはパーマリンクの設定をおこなった場合、.htaccessファイルを手動でアップロードしないといけない場合があります。

この場合には、パーマリンクの設定画面に.htaccessファイルに記述する内容が表示されますので、これをコピーしてファイルを作成しアップロードします。

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE TOP